不動産投資とローンの関係



消費者金融情報

住宅ローンを利用して借り入れたお金を資金として、不動産投資をするという会社員は意外と多いようです。
ですが、持ち家などのために別な住宅ローンを組んでおり、完済していないという方は用心してください。
他社借入件数やその時点での返済残高によっては、審査の段階で返済能力が低いと判断されることがあります。
貸し倒れリスクが高そうな人に対しては、金融会社は融資をしません。
マンション一棟を買って不動産投資をするか、マンションの一室から不動産投資をするかによっても、前提に差が出てくりようです。
少し前のバブル経済の頃は、土地の価格が値上がりすることで不動産投資の利益が見込めましたので、住んでいる人からの家賃収益は微々たるものでした。
土地が値上がりした頃をみはからって売り払うことで、差額が目あてでした。
不況の昨今、地価の上昇は到底見込めず、今の不動産投資の目的はあくまでも家賃収入になります。
ローンの依存率を低くすることが、不動産投資をうまく続けるためには大事な点となります。
一室だけ購入したマンションに住んでくれる人がいなければ、あくまで自力でのローン返済が求められます。
一棟まるまるマンションを買えばある程度は家賃が入るだろうことが予想されますが、資金がかかります。
この不況のご時世で狙った通り思うがままの収益を上げる人はいないでしょうけれど、それでも確実に儲けを出しているという人は少なからず存在します。
不動産投資は、元手が足りない人でもローンで運用ができるという点で魅力的な方法です。

ローン関係ランク
まとめローン
キャッシング金融情報
消費者金融比較ランク

戻る

もう見た?
ノーローン 消費者金融/ プロミス借入・申込みサポート/ コカ・コーラ/ au style/ アイフル カードローン/ オークション 入札/ 主婦の為のじぶん銀行カードローン