住宅ローンの控除の条件


住宅ローン控除を使うためには、定められた枠内で住宅を購入することが必要です 消費者金融情報

住宅ローン控除を使うためには、定められた枠内で住宅を購入することが必要です。
ではどういった条件で使えるのでしょうか。
住宅ローン控除を受けるための条件としては、購入した住宅の登記簿の記載の床面積が50平米以上という条件になっています。
また、買った住宅に住んでいる間のみ住宅ローン控除は認められます。
居住は買ってから6か月以内にしなければいけないという縛りもあります。
そして大切なことは年収3,000万円以下の人のみが控除を適用でき、住宅ローンが完済まで10年以上かかる場合が該当します。
その他、購入した住居は建てられてから20年以内であること、マンションならば25年以内であることです。
住宅が建てられたのが、平成17年4月以降ならば耐震性の証明書が必要になりますが、住宅の築年数は特に問われません。
また、居住用財産の買い替え特例を購入年前後2年間利用していないことも、住宅ローン控除を受けるために求められる条件になりますので確認しましょう。
住宅ローン控除の控除率については、2009年に法律が変わったため、以前と異なっています。
住み始めた年が2009年か2010年の時、返済残高が5000万円より低いと控除の割合は1%です。
それ以後に住む場合は控除率は変わらず1%のままですが、上限金額は以降1年毎に1,000万円ずつ下がっていくという仕組みです。
住宅ローンの控除の申告

ローン関係ランク
まとめローン
キャッシング金融情報
消費者金融比較ランク

戻る

もう見た?
パート求人募集/ モビットとは/ ティーン向け モバイル版Yaho/ Yahoo!地図情報/ アコムでなるほど便利なキャッシン/ スピリチュアル/ モビット キャッシング